光るファンが届きました

デイトレPC用の光るファンが届きました。

upHere RGB 120mm PCケースファン 静音 高性能 6PINコネクタ リモコン付 6本1セット【NK1206-6】

いつものように画像多めの文章少な目で・・・

私の個人的な意見なのですが、中国で製造された製品が低価格なのは最終的な検品を省略してるというのもその理由のひとつだと思っています。

Amazonの商品ページに「包装内容」として書かれていたのは、「6本1セット、固定用ネジ6セットx4、 ゴムパッド6セットx8、コントローラーx1、コントローラー説明書x1、リモコンx1」

ということで、6セット入っているはずのゴムパッドが5セットしか入っていなかったり・・・

6セットののはずの固定用ネジが7セット入っていたり・・・

コントローラーは入っていたけど、コントローラー説明書が入ってなかったりということになるわけですね。

ゴムパッドはPCケースと接触しない面に貼らなければ何とかなりますし、ネジが多い分には問題はなく、コントローラーはとりあえずボタンを押せば使い方がわかると思うので説明書は必要ないかな・・・

まぁ安いからこんなもんだろうとあきらめます。

当初から疑問でした6pinコネクタはこれでした。

このファンの6pinコネクタを赤外線リモコンの受講部を兼ねた本体に接続するようです。

片面に5個、ファンを接続することが出来ます。

ということで、両面で10個のファンが接続できるようになってます。

本体からはSATA電源コネクタとリセットボタンが伸びてます。

リセットボタンを押して50色の変更も可能なそうです。

さて問題ですリモコンは赤外線リモコンですが、では赤外線の受光部はどこにあるでしょう?

POWERの文字の横に怪しい穴が開いてるのですが、これが受光部なのかな?

ということは、この本体裏面のテープでPCケースの外側に貼るということでしょうか?

でもファンからの6本のケーブルはこの本体に接続されるわけで・・・?

まぁPCケースだからアクリルウィンドウやメッシュ状の部分が必ずあるという前提で、PCケース内に本体があっても受光でもできるということでしょうね。(たぶん)

肝心のファン本体は9枚羽根の比較的軽量なファンです。まぁ回してみないと何もわかりませんね。

ということで、もうこれ以上パーツを追加する予定はありませんので、本格的に組み立てを開始します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です