デイトレPC用パーツ3点到着

速いですね~! 注文したパーツのうち3点が本日到着しました。

メモリ、マザーボード、電源ユニットの3点です。

あとはPCケースだけなのですが、「Amazonでのご注文のお届け予定日が更新されました」という内容のメールが本日届きまして、注文時点で12月7日~12月12日だったお届け予定日が12月3日~12月5日に変更になりました。

ということは、早ければ明日には届くのかな?

現在のAmazonの商品ページには「2020年12月4日入荷予定です」と表示されています。

Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース CS7097 CA-1J4-00S1WN-00

PCケースが到着するまでに時間があるから、その間に記事数の少ない「PCパーツ・周辺機器」のカテゴリーで先に届いたパーツの紹介でもしようかと思っていたのですが、そんな余裕はないみたいです。

まぁ余裕は自分で作るものなのかもしれませんが・・・

パーツがそろえば、すぐに作りたくなりますよね。

作業手順などの細かな話はしない予定ですが、たぶん起動ドライブというかWindows 10で起動させる話が長くなる予定です。

わざと長くしようとしてると、思われても仕方ないようなことを試してみようと思っています。

今回のデイトレPCのスペックアップはストックパーツも利用しますが、基本パーツが10年前の製品という古いPCから最新ではないですがほぼ新しいメインパーツを使ったPCへと変わります。(スペックアップというよりは新たなPCを作ると言ったほうが正しいですね)

予算を抑えるためにストックパーツも活用するのですが、OSに関しては我が家の訳ありノートPCで現在使っているWindows 10を今回作るPCに移してしまおうと思っています。

まぁどうにかなると思ってはいるのですが、もしかしたらダメかもしれません。

もしかしたらダメかもしれないなら、最初から最善の方法で試すのが正しいやり方なのですが・・・

それでは何だか面白くないので、ダメだとわかっている方法も試してみようと思っています。

つまり、新しいデイトレPCの組み立てが完了したら、我が家の訳ありノートPCのSSDを取り出してそのまま接続して起動させてみようと思うのです。

まぁ動かないと思います。でも動かないなら、どんな風に動かないのかが気になるのです。

ストレートに修復作業に進むのか、それともBIOS画面から進まない状態になるのか・・・

余計なことをして、さらにPCの完成が遅くなるかもしれませんが、まぁそんなことをやってみるのも楽しいかなと・・・

話はそれますが・・・

今回のマザーボード「MSI H310M PRO-VDH PLUS」のBIOSってどんなのだろうとMSIの製品ページを見たのですが、そこに誤植(この言葉は死語ですか?)を見つけました。

製品ページはこちら → MSI H310M PRO-VDH PLUSの製品ページ

MSIのマザーボードのBIOSは「CLICK BIOS 5」というそうです。

そのBIOSに関する説明は「使いやすいBIOS」というタイトルから始まっている文章に書かれているのですが・・・

皆さん、気付きましたか?

そうです、CLOCK BIOS 5となってます。

なんでしょうね~、まぁBIOS画面の左上には時間が表示されていますから、それを見て間違っちゃったのかな~?

ということで、現在稼働中のデイトレPCはパーツを取り外すことなく、このままの状態で使い続けられますので、新しいのが完成してグラフィックボードを取り外すまではデイトレPCとして動きます。

それもあっての時間の無駄遣いで、新しいデイトレPCの完成は遅くなりますが、組み立てるという作業をさらに楽しもうと思っているしだいでございます。

では、次はPCケースが届きましたらご報告いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です