Xbox ワイヤレス コントローラー (ロボットホワイト)

本題に入る前に、とりあえず自作PCのスペックアップは完了したことにして、本日よりカテゴリー「ゲーミングPC」「デイトレPC」「パートナーPC」解禁です。

ということで、更新が遅れましたが「Xbox ワイヤレスコントローラー(ロボットホワイト)」は新しいXboxの発売日である11月10日に到着しました。

とはいっても「Xbox Series X」も「Xbox Series S」も購入していません。あくまでもゲーミングPCのゲームパッドとして購入しました。

コントローラーと一緒に専用の充電式バッテリーも購入。

まずはワイヤレスコントローラー本体から

「XBOX ボタン」は丸くなくて、平らなんですね。

単三乾電池2本が付属。

あとは取扱説明書のみ。

古い有線コントローラーと比較。

このワイヤレスコントローラーからシェアボタンを新たに搭載。

バッテリーボックスの分だけ厚みが増してます。

Bluetooth接続ボタン

接続端子はUSB-C

バーとトリガーには滑り止め加工。

比べてみると古いコントローラーはネジ穴が目立ちますね。

背面のカバーを外してバッテリーを取り付けます。

単三電池2本

乾電池を使用の際はプラスマイナスの向きにご注意ください。

次に充電式バッテリーです。

箱は大きいですが、バッテリー本体は単純に単三電池2本分の大きさです。

箱の大きさの秘密は同梱されているUSB-Cケーブルですね。長さはなんと約2メートル70センチ(約270cm)もあります。

取扱説明書にもケーブルの長さは書いていませんでした。

充電式バッテリーの向きに注意してセット。

接続端子部分が左側です。

コントローラー本体の下記画像部分と接触します。

ピッタリ収納(当たり前)

4時間未満でフル充電するそうです。

取扱説明書にも書かれているXbox アクセサリーですがURLが間違っているようです。(間違っているというか日本のマイクロソフトのサイトに飛ばされるため「ページが見つかりません」と表示されてしまいます)

正しくはこちら → Xbox アクセサリー

Windows 10のスタートメニューからMicrosoft Storeを選び「Xbox アクセサリー」で検索しても見つけられます。

XboxワイヤレスコントローラーをPCに接続してアプリを起動。コントローラーのファームウェアがアップデートされます。(最新のファームウェアはバージョン5.5.2641.0)

アップデートされない場合はアプリの「設定する」の左下「…」をクリックして表示される画面からファームウェアのアップデートが可能です。

さっそくこのコントローラーでデスストランディングをプレイ。今まで使っていた有線コントローラーの不具合から解放されて快適にプレイ出来ました。

今までの有線コントローラーと比べるとバイブレーション機能は少し弱めです。方向パッドを操作した感触は好き嫌いが分かれる部分でしょうね。今までの有線コントローラーとは違う感触なのでちょっと違和感。慣れの問題でしょうけどね。

ということで、我が家のゲーミングPC用のゲームパッドとしてこれから使っていきます。自作パソコンスペック情報にも加えておきますので確認してください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です