3号機の掃除とスペック情報更新とSSDと電源スイッチ(その1)

3号機の掃除をしつつスペック情報を更新しつつSSDと電源スイッチを取り付けます。

さて、「掃除をしつつ」ということで、ホコリだらけの画像が多いですのでご注意ください。

まずはスペック情報更新のためメモリの画像から

ゴールドとブルーのメモリが交互に並んでいます。

青いヒートシンクの型番はPSD38G1600KH。パトリオットメモリーの4GB×2枚組。

Patriot DDR3 1600MHz PC3-12800 8GB (4GBx2枚組) PSD38G1600KH

Amazonで今でも販売されているのですが、商品画像のヒートシンクはブラックです。

商品説明を見ると「メモリーヒートシンクのカラーはカラーは販売時期により異なります」と書いてありました。

ゴールドのヒートシンクのほうはM2X2G64CB88GHN-DG

ドスパラで購入。購入履歴には「CFD Elixir W3U1600HQ-2G(DDR3 PC3-12800 2GBx2HS付)」となっていました。

容量は2GB×2枚組。今は新品での販売は見つかりませんでしたが、価格.comには製品情報がありそこにはヤフオクに現在出品されている情報が並んでいます。

続いて、電源です。

最初に使っていた電源は現在デイトレPCで使っているAntec TP-750だったのですが、新しいPCを組み立てるたびにあっちに行ったりこっちに来たりで、現在はKEIANの520W電源を積んでいました。

KEIAN BullMAX 520W電源 KT-520RS

この製品も現在は販売されていませんでした。

さてそろそろSSDの固定と電源スイッチの取り付けを始めようと思ったのですが、一緒にグラフィックボードも交換することにしました。

NVIDIA GTX660をAMD RX560に交換です。

これは単純にウルトラワイドモニタ(JN-VCG30200WFHDR)がFreeSyncに対応しているけどG-SYNCには対応していないからという理由だけです。(デス・ストランディングは出来ないけれど他のPCゲームをやるかもしれないので・・・)

さて、まずはSSDです。2.5インチを3.5インチに変換するブラケットとか言っていたのですが、PCケース(RAIDMAX SEIRAN RED)には最初から2.5インチが取り付けられるようになっていました。

もう少しホコリを綺麗にしてから取り付けるべきでした・・・

とりあえずSSD(Western Digital SSD 120GB WD Green 2.5インチ WDS120G2G0A-EC)はこれで作業終了。

以前から3号機で使用していた2台のHDDもデータドライブとバックアップドライブ用にフォーマットして使うようにしました。(どちらも古いですので信頼性という点は不安ですが・・・)

PCケース内は徐々に綺麗になりますのでもう少々お待ちください。

ということで、次はグラフィックボード。

補助電源がいらないというのもGTX660との違いです。

PALITのGTX660。取り外したら綺麗にします・・・

ここで思いついちゃったのが(思いつかなきゃよかったのに・・・)各ボードの位置の変更です。

グラボのすぐ下にLANカード、そして上にはSATA拡張ボードが挿さっています。

これは間隔をあけたほうがいいですよね。LANカードの下のx16スロットも空いてますし・・・

ということで、次はやらなきゃよかった各ボードの位置変更へと作業は進みます。

続きは「3号機の掃除とスペック情報更新とSSDと電源スイッチ(その2)」へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です