2010年購入のメインパーツ 第1世代i5-760でChromebox (その4)

それではChrome OS FLEXのインストール作業開始です。

とはいっても、訳ありノートPCのChromebook化の時に、Chrome OS FLEXのインストールメディアを作成済みですのでそれを使うだけです。

インストールメディア(USBメモリ)を挿して、BIOSで起動ドライブをUSBメモリに変更してからPCを立ち上げるとあとは言語の設定やGoogleアカウントでのログインなどを経て、無事にインストール完了。

インストール完了時のChrome OSのバージョンは100.0.4880.0。

これはインストールメディア作成時のバージョンということなのかな?

さっそくアップデート。

更新後のバージョンは102.0.4992.0となりました。

ここまでは順調だったのですが・・・

設定画面で他の項目をクリックすると画面が乱れる状況が発生。

数秒で復帰するのですが、何度かその状態が発生していたらついに・・・

これはダメなやつだな・・・

さらには・・・

これはやっぱりグラフィックボードかな・・・?

EN8600GT OC GEAR/HTDP/256M/A

古さもあるけどメモリが256MBしかないのも関係あるかも・・・

BIOSの変更で少しは対処できそうな気もするけど・・・

これだけの古いパーツを集めたPCですから、とりあえず動いただけでOKとしましょう。

これ以上時間とお金をかけてもしょうがないと判断。

旧1号機の残骸はChromeboxになれましたが、正常動作までは至りませんでした。

パーツの組み合わせしだいでは第1世代のCore i でもChrome OSは使えると思います。

次はさらに古いアレでChromeboxを作ってみます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。