2010年購入のメインパーツ 第1世代i5-760でChromebox (その2)

まずはフロントI/Oなどの配線。システムパネルヘッダーでしたっけ?

今回注目のパーツはASUSのグラフィックボードです。

これも旧0号機で使用していたパーツですが正式な型番は「EN8600GT OC GEAR/HTDP/256M/A」といいまして、製品としてはグラフィックボード単体ではなくてハードウェアユーティリティ「OC GEAR」同梱モデルでした。

ASUSの公式ページではもう見つかりませんが、調べてみたらこんなページがありました。

EN8600GT OC GEAR/HTDP/256M (← aiuto 株式会社アユートの商品ページ)

とにかく古いのですが、ビデオメモリ256MBっていうのも凄いでしょ。

「OC GEAR」も探せばどこかにあると思いますが、Chrome OSでは制御出来ないと思うので探しません。

まぁ第1世代のCore iにはこんなグラフィックボードがあってるかなと・・・

正常に動作してくれるかどうかが問題ですが・・・

次は電源ユニット

電源はストックパーツのAntecのTP-750APを使います。(これも購入してから何年経ったのか・・・)

今回のChromeboxには古いとはいえオーバースペックですね。

ということで、各種電源ケーブルを配線。

あとはHDDを用意すればインストール準備は完了かな?

HDDも古いのを用意しました。

ということで、「その3」へ続きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。