サブPCのスペックアップ Windows OSのインストール

サブPCのハード部分は完成しましたので、次はソフト。

まずはBIOS、じゃなかったUEFIね。

これが正常に表示してくれないと何も始まらない。

はい、まずは一安心。

まずは言語を「日本語」に設定。

これでいろいろとわかりやすく表示されるようになりました。

サブPCということもあって、細かなチェックはしません。

次に登場するのはWindows 11のインストールメディア(USBメモリ)。

これはすでに以前のスペックアップ時に作成済み。

USBメモリを挿して、USBメモリからPCを起動。

Windows 11のクリーンインストール。

特に難しい設定等もなくスムーズに作業は進みます。

唯一、Windows OSのライセンス認証だけは気をつけて。

今回はWindowsのインストール中に何故かうまく認証してくれなくて、インストールが完了して再起動後に「設定」>「システム」>「ライセンス認証」でもう一度ライセンス認証をしました。

「このデバイス上のハードウェアを最近更新しました」だったっけ?

マイクロソフトアカウントのデバイスでサブPCを選んでアカウント認証が完了。

ライセンス認証の状態が「アクティブ」になり、無事に「Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンスによってライセンス認証されています。」と表示されました。

アップデートの確認、足りないデバイスドライバのインストール、あとはGIGABYTEのアプリとかウィルス対策ソフトなんかをインストール。

ということで、とりあえずサブPCは完成いたしました。

次は0号機のスペックアップを予定しております。

使うパーツはサブPCで使っていたCPUとマザーボード、CPUクーラーなど。

最低限、現在Windows 11にアップグレード出来ない0号機をWindows 11が動くPCに出来ればいいかなと。

その後は1号機の残骸に0号機のパーツをプラスして、Chrome OS Flexを利用してChromebox化を試してみます。

これらの作業の準備が整うのは来週くらいかなと思っていますが、北海道出張所に行く予定もありますので、まぁゆっくりのんびり進めていく予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。