サブPCのスペックアップ 簡単なCPUクーラーと悩んだM.2のSSD

今回はCPUクーラーとM.2のSSDを取付けます。

CPUクーラーは現在ゲーミングPC部で使用中のCore i5-12400Fに付属していたLaminar RM1 Coolerを使う話もありましたが、Pentium Gold G7400に付属のLaminar RS1 Coolerを素直に使うことにしました。

これはプッシュピン式なので取り付けも簡単。

今回のサブPCのスペックアップで一番悩んだのがM.2のSSDの取付け作業。

使用したSSDはPatriot Memory P300 128GB M.2 SSD 2280 NVMe PCIe Gen 3×4 内蔵型SSD P300P128GM28

SSDには全く問題なし。

問題なのはマザーボード(GIGABYTE H610M S2H DDR4)のM.2取り付け方法。

M.2の固定方法にはネジ止め式しか知らなかったのですが・・・

CPUクーラーと同じくプッシュピン式というのでしょうか?

何が大変って、ある程度の力を入れて引き抜かなくてはならないのですが、素材的に壊してしまいそうで・・・

恐る恐る慎重に力を入れて引き抜くと・・・

無事に抜くことが出来ました。

GIGABYTEさん、低価格帯のマザーボードですからコストダウンは理解できますが、ここはネジ式のほうが良いと思います。

まぁこういう方式もあるのだなという経験にはなりました。

ピンは最後までしっかり押し込むと固定されます。

次回はメモリを挿してからマザーボードをPCケースに固定します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。