サブPCと第二使徒のスペックアップからの1号機の残骸のChromebox

たぶん足りないのはメモリかな・・・?

ということで、話はトントン拍子に決まり、すでにCPUとマザーボードは発注済み。

え~と、順番に話しますね。

第二使徒という名の娘のパソコンで使っているグラフィックボード(ASUS EN8600GT/2DHT/256M)を1号機の残骸に載せてChromeboxにするのが最終目標。

ASUSTek グラフィックボード PCI-E EN8600GT/HTDP/256M

で、まずは娘に確認の電話。

やはり古いパソコンということで、起動も遅いし今は使っていないとのこと。

しかも、すでに必要なデータはバックアップ済みとのこと。(5年経つと娘も少しは賢くなりました。※詳しくは旧ブログP-ROOMの古い記事「北国行きのパソコンの前に」を参照)

ということで、第二使徒は近日中に我が家に帰ってくる予定。

と、ここまではグラフィックボードを1号機の残骸で使うという目的だけの話だったのですが・・・

どうせなら可愛い娘に、少しはまともなPCにして返してあげたいと思ってしまったわけで・・・

そこで、第二使徒にサブPCのメインパーツ等を移植してWindows 11のPCに返信させます。

さらに新たにメインパーツを購入、サブPCのスペックアップも同時に行うことに決定。

ということで、1号機の残骸を使ったChromeboxはこれら2台のPCが完成してからとなります。

さて、計画が決まったので早速パーツの選定と注文へ。

とはいっても、あくまでも新しいパーツを使うのはサブPCですから、最低限の性能で十分と判断。

こんな時に絶妙のタイミングで「ひかりTVショッピング」から「失効予定のぷららポイントをお知らせ」なんていうのが届いちゃうわけで・・・

「3月31日失効予定のポイントがこれだけありますよ~」という内容で、それは使わなくてはダメだ。

で、まずはマザーボードを注文。

「新しいけど安いやつ」というのが最低条件。

いろいろ悩みましたがこれに決定。

GIGABYTE H610M S2H DDR4 Rev.1.1 H610M-S2H-DDR4-Rev.1.1

GIGAIBYTEのマザーボードなんて使うの何年ぶりだろう・・・?

そして組み合わせるCPUはAmazonで購入。

インテル INTEL Pentium Gold G7400 3.7GHz デュアルコア LGA1700 プロセッサ / BX80715G7400【国内正規流通品】

ひかりTVショッピングはポイントを利用したので、CPUとマザーボードで2万円以下。

サブPCですから性能的にはこんなんで十分でしょう。

起動ドライブに使うSSDはストックパーツがあります。

Patriot Memory P300 128GB M.2 SSD 2280 NVMe PCIe Gen 3×4 内蔵型SSD P300P128GM28

昨年の10月に購入したのに、まだパッケージに入ったまま。

その他も余ってるパーツをフル活用して、何とかなるかなと思っているのですが、もしかしたらメモリが足りないかも?

第二使徒の中身に何を使ったのかを全く覚えていないのです。

2017年に行った第二使徒のスペックアップは、当時我が家で使っていた自作PCのどれかの中身を使ったはずなのですが、旧ブログのP-ROOMを見てもよくわからない。

メモリがDDR3だったらアウト。

その時は仕方ないから新しいのを買います。(ただし、ここでも他のPCとの交換があるかも)

まぁとにかく、あとは第二使徒の中身を確かめないことには何も始まらないので・・・

第二使徒の襲来は意外と早いかも・・・

ということで、次回の「自作パソコンスペック情報」の更新は2台のPCが出来上がったころかなと思っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。