Chrome OS Flex で Chromebook (その9)

今朝はWindowsのアップデートのせいでバタバタしちゃいましたが、その話はあとにして・・・

とりあえず今回の「Chrome OS Flex で Chromebook」を終わらせちゃいます。

無事に訳ありノートPCはまた(CloudReadyの時に続き)Chromebookになっちゃいました。

こういうのを1台持ってると便利ですよ。

突然Windowsマシンに不具合が発生してどうにもならなくなった時に、ネットで調べ物をいつもと同じChrome(ブラウザ)で出来るというのは良いことです。

ということで・・・

インストールして再起動して、初期設定が完了して「Cheome デバイス へようこそ」が表示されたら全て完了。

ブラウザの新しいタブを開くとこんな感じです。

で、この時点でのGoogle Chromeのバージョンは・・・

これはブラウザのバージョンを表示しているのですが、Chromebookの設定からGoogle Chrome OSのバージョンを確認すると・・・

バージョン100.0.4880.0で同じなのですが、インストールしてすぐだというのにOSのアップデートが始まりました。

OSのアップデート完了。

バージョンは100..04896.16になりました。

WindowsのGoogle Chromeのバージョンは現在99.0.4844.51です。

Google Chromeのバージョンは「設定」の「Chromeについて」で確認できます。

ここを開いた時点でアップデートがあると、自動的にダウンロードがスタートしてアップデートが行われます。

Chromebookも同じく、「設定」の「Chrome OSについて」をバージョンが表示されますので、「アップデートを確認」をクリックするとアップデートがあればダウンロードされアップデートが行われます。(再起動が必要です)

で、今Chromebookのアップデートが行われていますが、アップデート後のバージョンは101.0.4928.0とあっという間に「101」に突入。

WindowsのGoogle Chromeがバージョン100になるのはいつでしょうね。

ということで、これで「Chrome OS Flex で Chromebook」は終了。

次は「Chrome OS Flex で Chromebox」かな?

やろうと思えば2台利用できそうなのがありますからね。(古い方は準備が必要ですが・・・)

さて、Chromebookはここでいったんお休み。

ご機嫌斜めなデイトレPC部のWindows OSを何とかしなくては・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。