電源ユニットの移動と延長スリーブの取付け (その1)

デカイ2IN1PCを動かすことなく、ゲーミングPC部の電源ユニットの移動と延長スリーブの取付けを中腰の姿勢のまま頑張りました。(疲れた・・・)

まずは作業前の状態。

これは水冷CPUクーラー(ZALMAN Reserator5 Z36 White)を取付けた時の画像。

ZALMAN Reserator5 Z36 White 簡易水冷CPUクーラー ARGB搭載 360mm HS1418

2IN1PCは正規のマザーボード取り付け位置にはデイトレPC部のマザーボードが取付けられています。

そして、ケース前面にゲーミングPC部を設置という特殊な配置。(無理やり詰め込んでるとも言う)

で、左側の電源ユニットのケーブルがグチャグチャしてるので、これを何とかしようというのが今回の作業。

電源ユニットの移動先としては・・・

PCケース後部のHDDの上にある空間に入りそう・・・

多分入るだろうということで、正確に確かめずに作業開始!

まずは今ある場所から電源ユニットを取り外して・・・

電源ユニットからケーブルを全て外すだけだから、これは簡単。

で、この上の空間に入れようとしたのですが・・・

スイッチとケーブルの接続部の位置、そしてファンの向きを考えると電源ユニットの向きはこれしかないと思うのですが、これだと後ろにあるデイトレPC部のファンからの排気を塞いでしまうことが判明。

さて、どうしよう・・・?

ここで思い出したことがひとつ。

それは2IN1PCのPCケース(Thermaltake LEVEL 20 HT Snow Edition)を使って初めて組み立てた時のこと・・・

Thermaltake LEVEL 20 HT Snow Edition フルタワーPCケース 4面強化ガラス CA-1P6-00F6WN-00 CS7746

ケース上部に電源ユニットとファンを取り付けた時に思ったことがあったのですが・・・

この部分なのですが、左側の電源ユニットを固定するネジ穴の位置が右側のファンを固定する場所の全く同じ位置に空いているのです。

「もしかしたら右側にも電源ユニットを固定できるんじゃないの?」とその時思ったのを思い出しました。

思い出しちゃったからしょうがない。

ということで、もっと簡単に終わる作業だと思っていたのに作業は長時間になってしまいました。

続きはまた次回・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。