ZALMAN Reserator5 Z36 White 取付け

ゲーミングPC部のスペックアップ用に購入したZALMAN Reserator5 Z36 Whiteを取付けました。

ZALMAN Reserator5 Z36 White 簡易水冷CPUクーラー ARGB搭載 360mm HS1418

昨日の夜、急に我慢できなくなって、すごい勢いで取付けちゃいました。

ということで、画像がほとんど無いです・・・

開封時の画像はすでに載せてますので、そちらで我慢してください。

ということで・・・

ラジエーターにファンを固定。

今回のファンは光モノ。

EZDIY-FAB 120mm ARGB PCケースファン 高性能 静音 LED 5V 3PIN ARGBマザーボードAURA Sync対応 リモコンによる速度制御 1500rpm ファンハブ X リモート 5本1セット – ホワイト

とりあえず、水冷CPUクーラー取付けを優先して3個だけ使用。

専用のコントローラー経由でARGB対応です。

現在の2IN1PCのPCケース(Thermaltake LEVEL 20 HT Snow Edition)は右側面が見えない向きで置いてますし、目線の高さから上部のファンも見えないし、とりあえず見える位置になるラジエーターのファンだけで良いかなと・・・

2IN1PCはゲーミングPC部が特殊な設置方法となってますので、画像のファン+ラジエーターの厚みにより若干配置を変更しました。

まぁ、電源ユニットを横に倒しただけですが・・・

無事にラジエーターを設置。ゲーミングPC部の設置スペースが確保できることを確認してから水冷ヘッドを装着。

肝心な画像を取り忘れたのですが、ゲーミングPC部のCore i5-12400Fの装着されたリテールクーラー(Laminar RM1)では、やはり構造上、冷却能力が足りないような気がします。

外した時にCPUの長方形のヒートスプレッダの四隅はまったくCPUグリスがありません。

つまり四隅の熱を逃してくれていないわけで・・・

やっぱりPUBGをプレイ後にCore Tempで計測した80度超えの温度は、私の取り付け方に問題があったわけではなく、正確な数値だったのかもしれません。

この80度超えの温度が、果たして何度まで下がるのか・・・

実は、もうすでに結果が出ています。

いや~「ZALMAN Reserator5 Z36 White」にして良かったです~

ということで、結果発表!!!

こちらがリテールクーラーから「ZALMAN Reserator5 Z36 White」に交換後、PUBGを3回ほどプレイした後の結果です。

80度超えだった温度が、なんと60度未満という結果になりました。

満足満足!

これでアレの発売前に、プレイする準備が間に合いました。(早速注文)

ということで、「ZALMAN Reserator5 Z36 White」の冷却性能には満足です。

次は光モノとしてはどうかというところを画像で・・・

まぁそれよりも、PCケース内がケーブルでゴチャゴチャなのを何とかしなくちゃですね・・・

上記記事を一部訂正させていただきます。

この記事の数日後、同じくPUBGプレイ後に再び80度近くへの上昇を確認。

ゲーミングPC部の設定等の確認が必要と思われます。

CPU温度については後日再検証の上、ご報告させていただきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。