自作PC達のスペックアップの話

さて、始めましょうか・・・

自作パソコンのスペックアップの話の前に、珍しいのを見つけたのでその話から。

これって2013年に発売された製品だったみたいです。

THERMALTAKE CPUクーラー NiC C4 CLP0607

今でも私の自作PCのゲーミングPC部で現役で活躍中のCPUクーラーですが、なんとビックカメラで特価にて現在販売中です。

THERMALTAKE CPUクーラー NiC C4 CLP0607 ← ビックカメラ商品ページ

2013年に私がヨドバシアキバで購入した価格は9,780円でしたが、現在ビックカメラ.COMでは4,080円にて販売中です。

対応するソケットは・・・

■Intel LGA:2011、1366、1155、1156、1150、1150、775 ■AMD:FM2、FM1、AM3+、AM3、AM2+、AM2

それにしても未だに在庫を持っていたなんて・・・

さて、自作パソコン達のスペックアップの話ですが、今回は3台まとめてのスペックアップです。

現在使用中のパーツ、新しく購入したパーツ、ストックパーツをフル活用。

今回のスペックアップはサブPCのCPUが古くてWindows 10からWindows 11にアップグレード出来ないというのが全ての始まり。

そこで、ゲーミングPC部を最新のCPUとマザーボードでスペックアップして、そこにサブPCのWindowsを移行。

ゲーミングPC部のパーツと新規購入のパーツで新たなパートナーPCを作成。

パートナーPCの一部パーツを交換後サブPCとして使うという流れで3台の自作PCのスペックアップを行う予定でした。

ゲーミングPC部で使う新しいCPUとマザーボードは予算的な問題と販売開始前だったということで、なかなかスタート出来ないでいたのですが、そんなタイミングでゲーミングPC部よりも先にパートナーPCで使いたいパーツを見つけてしまい、さらに完成形のイメージがどんどん膨らんで、ゲーミングPC部のパーツよりもパートナーPCで使用するパーツを先に揃えてしまったのです。

その結果、すでにゲーミングPC部で使用する予定だった新しいパーツが販売開始されたというのに、予算的に更に厳しくなり、未だにパーツを購入できないという状況になっております。

ゲーミングPC部のスペックアップが完了すれば、すぐにパートナーPCのスペックアップが行える準備は整っているというのに・・・

ということで、ゲーミングPC部のスペックアップを開始できるまで待っていては何も書くことが出来ないので、とりあえずパートナーPCの完成イメージの話を先に始めようと思っています。

ということで、次回からはすでに購入済みのパートナーPC用のパーツを順にご紹介予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。