マウスも届きました 白くて光るやつがまたひとつ増えました

最初に言っておきますが、今回購入したマウスのamazonでの購入価格は2,980円です。

センチュリー RGB ゲーミングマウス RACENシリーズ ホワイト CRC-GMRGB02WT

2in1PCのデイトレPC部で使用しているマウス「SteelSeries Rival 310 Black 62433」

今回のマウス購入は、このRivalのスクロールホイールの動きがおかしくなってきたというのが話の始まり。

白くて光る、出来るだけ新しい製品というのが選択基準。(機能や性能は全く無視)

デイトレPC部での使用ですので、マウスとして正確に機能してくれたらそれで十分という感じです。

そうは言うものの、実際に届いて触ってみると、どうしてもRivalと比べてしまうわけで・・・

まずはパッケージ。

RACENというのは螺旋かな?

メーカーは株式会社センチュリー

センチュリーといえば、やはり裸族シリーズですよね。

最近、あまり活躍できる場面がありませんが、私も1台持ってます。(購入したのは2011年ですからかなり古いですが・・・)

センチュリー 裸族のお立ち台 USB3.0 CROSU3

そのセンチュリーさんが昨年からスタートさせたゲーミングブランドが「RACEN」です。

公式サイトのニュースリリースに「ABOUT RACEN」として書いてあったのは・・・

ABOUT RACEN

レインボーに光るとゲーミング? 黒くてスタイリッシュだとゲーミング?
eSports選手に使ってもらえればゲーミング?
ゲーミングってなんだろう?

そんな問いに私たちは等身大のゲーミングアイテムをご提案します。
センチュリーはこれまでにPC周辺機器メーカーとして様々な製品をご提供してきました。
例えば、看板製品の元祖HDDクレードル「裸族のお立ち台」シリーズでは
独自性に富んだ製品でありつつもコミカルなネーミングで皆様に親しまれています。
そんな私たちが「ゲーミングデバイスに興味があるけど手が出せない」、
「どんなものを選べばよいかわからない」といった
“ゲーミング入門者の選択肢の一つになりたい“という思いからブランドを立ち上げました。
「コストパフォーマンスに優れたアイテム」をテーマに機能と価格のバランスを重視し
ほかに引けを取らない、一風変わったアイテムをご提供いたします。
センチュリーの挑戦はまだ始まったばかり。
ゲーミングブランド「RACEN」はあなたと共に歩みだします。

「コストパフォーマンスに優れたアイテム」「機能と価格のバランス」といったところがテーマだとわかりました。

次、RACENとは?

RACEN(ラセン)の由来

代表シリーズ「裸族」の「RA」と社名「CENTURY」の「CEN」を組み合わせた造語です。
螺旋は中央から外に広がります。ブランドが広く浸透することで
皆様のゲームライフが充実しますように…。という願いも込められています。

ということです。

今回購入したマウス以外の商品もすでにいくつか発売されています。

その他の商品はセンチュリーさんのダイレクトショップでまとめてご覧いただけます。

ゲーミングブランド[RACEN]

コストパフォーマンスの良さそうな製品が並んでますね。

ということで、届いたマウスの話に戻ります。

マウス本体と説明書のみ

手垢のついたRivalとの大きさの比較

ほぼ同じですが若干「ゲーミングマウスライト」のほうが小さいかな・・・

※「ゲーミングマウスライト」というのが製品名だそうです。取扱説明書に書いてました。

今回の選択基準が「白くて光るやつ」でしたので、10種類の発光パターンを紹介。

間違いなく10種類あるようですが、実際はどれがどの発光パターンなのかは目で見て推測しなくてはなりません。

とりあえず光ってるのをお見せすると・・・

動きのある光ですので本来なら動画でお伝えするのが正解なのですが、これでご勘弁を・・・

10種類の発光パターンの切替方法は・・・

この価格から考えると頑張ったほうだと思います。

この価格と機能のマウスにまさか「PC側からLED発光色や発光パターンを変更できますか?」なんていう質問をする人はいないと思いますが・・・

メーカーからの答え「残念ながらできません。」

もう一度見てください

残念ながらできません。

出来ることならそんな機能も盛り込みたかったのでしょう。

ですが、「コストパフォーマンスに優れたアイテム」「機能と価格のバランス」といったところを考えるとこれが限界。

その気持の現れとして、「残念ながら・・・」という言葉を取扱説明書に書いてしまったのでしょうね・・・

十分頑張ってると思います。

そして、さらに・・・

マジックテープ式のケーブルタイまで付いてるなんて~

もう十分です。センチュリーさんは頑張ってます。他の誰かが認めなくても私は認めます。

あとは使っていくうちに慣れてくるでしょう。

これ以上の機能が必要ならば違うのを買えばいいだけです。

でも「コストパフォーマンスに優れたアイテム」「機能と価格のバランス」という点に共感できる方は、RASENシリーズを使ってみてください。(念の為に言っておきますが、私はセンチュリーさんの社員ではありません)

追記:センチュリーの商品ページにてRGBの発光パターンが確認できます → RGB ゲーミングマウス LT

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です