CloudReady で Chromebook SSD交換

とりあえず準備開始。

訳ありノートPCのSSDを交換。

起動しなくなったのは、たぶんこのSSDが原因だと思うんですけどね・・・

ということで、左の「OCZ Agility3 60GB 2.5inch SSD SATA6Gbps AGT3-25SAT3-60G」を右の「Western Digital SSD 120GB WD Green 2.5インチ 内蔵SSD WDS120G2G0A-EC」に交換しました。

どちらもすでにアマゾンでは販売されていない古い製品です。

Western Digitalのグリーンは最後の「-EC」が付いてない製品は販売されてます。

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 120GB / WD Green / SATA3.0 / 3年保証 / WDS120G2G0A

どこがどう違うのかはわかりません・・・

さて、SSDを交換して、OSが入っていない状態で試しに起動してみました。

すると、起動時に「dynabook」という文字の点滅状態だったのが、今度は「システムが無いよ~」というところまで進みましたので、やはりSSDに問題があったという結論・・・かな?

SSDを交換しても「dynabook」という文字の点滅状態から変わらなければ、PC自体の故障(マザーボード、ACアダプター等)も考えられたのですが、交換後違う状態になったのでたぶんSSDが原因。

これで再インストールで正常に起動することに期待できそうです。

今回はここまで。次回はインストールメディアを作ります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です