CloudReady で Chromebook USBメモリ到着

さて現在どういう段階かといいますと・・・

ノートPCは、今年1月にCloudReadyでChromebookとなった古い2013年製のTOSHIBA dynabook

最近になって起動しなくなっていることを確認

SSDを取り替えてCloudReadyを再インストールすることに決定

現在のSSDは「OCZ Agility3 60GB 2.5inch SSD SATA6Gbps 3年保証 MLC採用 AGT3-25SAT3-60G」

新しく使用するSSDは「Western Digital SSD 120GB WD Green 2.5インチ 内蔵SSD WDS120G2G0A-EC」

まずはCloudReadyのインストールメディアを作成しなくてはならない

ということで、昨日アマゾンにUSBメモリを注文

本日到着したUSBメモリがこちら

Netac USBメモリ 16GB USB 3.0対応 フラッシュドライブ 小型 軽量 回転式 高速データ転送 読取り速度最大90MB/S メーカー正規品認証 – U505

USBメモリ本体はよくあるタイプ

USB3.0となっていますが・・・

パッケージ裏面の説明に対応OSが書いてありますが、Windows8までの表記はありますがWindows10とはどこにも書いてない・・・(製造されたのが古いということなのか・・・?)

USB3.0という規格が制定されたのは2008年。

Windows10が販売されたのは2015年。

パッケージにWindows10の表記が無いということは、製造されてすでに6年以上経っている商品だということなのか・・・?(だから安かったのか?セール特価386円/個)

まぁ正常に使用できれば問題なのですが・・・(USB3.0だと信じて使うしかない・・・)

次はまずこのUSBメモリ使ってCloudReadyのインストールメディアを作ります。

その前に、どうしてUSB3.0のUSBメモリを購入したかと言いますと・・・

USBメモリを普段あまり使わないので、すぐに使えるUSBメモリがUSB2.0の規格のモノしか手元にないこと。

前回、USB2.0のUSBメモリ(8GB)を使用したところ、CloudReadyのインストールメディアが完成するまでに非常に長い時間かかったということ。

前回、事前に調べたところ、インストールメディア作成には20分以上かかるということはわかっていたのですが、たぶん倍以上の時間がかかっていたような・・・(もちろんPCの性能による部分もあると思いますが・・・)

ということで、今回は2IN1PCのデイトレPC部でこのUSB3.0のUSBメモリでCloudReadyのインストールメディアを作成します。(デイトレPC部のスペックは「自作パソコンスペック情報」でご確認ください)

つまり、USB3.0のUSBメモリを購入したのはインストールする時間を短縮するためではなく、インストールメディアを作成する時間を短縮するためだということです。

インストールしようとしているノートPCは古いとはいえ、USBポートは「USB3.0×2、USB2.0×1」とちゃんとUSB3.0には対応しています。

これで前回よりもスムーズに作業が進む予定です。

というのが、現在の状況。

本日、時間があればインストールメディアを作成。

SSD交換とインストール作業は明日以降の予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です