とりあえず新デイトレPC部完成(その1)

新デイトレPC部のモニター6台の環境で更新しております。

ということで、とりあえず新デイトレPC部は完成しました。

完成までの過程を簡単にご説明。(ただし画像は途中まで・・・)

まずは今回のスペックアップのためのメインパーツ達。

いつものように限られた予算内でのスペックアップですので、今回の新規パーツはマザーボード、CPU、SSDの3点のみ。

しかもマザーボードは最新の5XXではなくB460ですし、CPUは最新とはいえ i3-10105F ですから世代的には第10世代。

ですが、第8世代の 「Pentium G5400 + H310」という組み合わせからのスペックアップですから、それなりに良くはなってると思うのですが・・・

ゲーミングPCではないので第11世代の特徴である「PCIe 4.0」は必要ないですし、そもそもグラフィックボードの価格が高騰している現在、「PCIe 4.0」対応のグラフィックボードを買えるわけもなく・・・

まぁそれらは将来のゲーミングPC部のスペックアップの時の話ですね。(何年後になるのかはわかりませんが・・・)

メモリと2枚のグラフィックボードは予算の関係で継続使用です。

ということで、まずはマザーボードから始めます。

ASRock Intel 第10世代CPU(LGA1200)対応 B460チップセット搭載 Micro ATXマザーボード 【国内正規代理店品】 B460M Pro4

我が家で初めてのARGB対応マザーボード。

それを生かし切れるだけの光モノのパーツが無いのが現状ですが・・・

デカイPCケース(Thermaltake LEVEL 20 HT Snow Edition)にゲーミングPCとデイトレPCという2台のパソコンを押し込んで、2IN1のPCにしてからのキーワードは「ホワイト」と「光モノ」。

というこで、今回はホワイトではありませんが「シルバー」のヒートシンクが目立つマザーボードを選びました。

これでもかなりPCケース内の印象が変わるはず。

マザーボード中央にはM.2のヒートシンクを取り外すとこんな感じ。

SSDは250GBにしました。

エッセンコアクレブ KLEVV SSD 256GB CRAS C710 M.2 Type2280 PCIe3×4 NVMe 3D TLC NAND Flash採用 5年保証 K256GM2SP0-C71

SSDと同じメーカーのメモリ4枚挿しという予定もあったのですが、予算の関係でメモリは諦めてSSDのみとなりました。

予定していたメモリはこれ。

KLEVV デスクトップPC用 ゲーミング メモリ PC4-32000 DDR4 4000MHz 8GB x 2枚 288pin CRAS XR シリーズ SK hynix製 メモリチップ採用 KD48GU880-40B190Z

これを2セットで4枚挿しの光モノを予定していたのですが、予算の関係で残念ながらせっかくメモリスロットが2から4に増えたのに2枚挿しのままです。

では、SSDを取り付けます。

SSDは斜め挿し。

ヒートシンクが無いとこのままねじ止めですが、今回はヒートシンクがありますので上に被せてからネジ止めします。

ここで気を付けなくてはならないのは・・・

SSDとの接触面にブルーのフィルムが貼ってありますので、こてを必ず剝がしましょう。

※過去の簡易水冷CPUクーラー取り付け時の苦い思い出・・・(気になる方は過去記事参照)

ヒートシンクを取り付けます。

今回はここまで。

次回はCPUを取り付けます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です