6画面マルチモニター デイトレPC運用初日

6画面マルチモニター完成!

ということで、本日がデイトレPC運用初日。

何かがおかしい・・・?

なんだろう・・・?

最初に気づいたのがトレーディングツールを起動させた時。

個別銘柄の情報を1画面に4つ開いているのですが、起動時に位置がズレたり同じ場所に重なったり・・・

正常に並べ直して、その後は何事もなく動作していたのですが、午後になったあるタイミングで保有銘柄一覧の価格(時価)と個別銘柄の現在値が違うことに気づきました。個別銘柄の価格が更新されていない(更新のタイミングが遅い?)ようでした。(でも、正常に更新されているのもあるし・・・)

これは今までの経験からメモリではないかと直感。

楽天証券のマーケットスピード II を利用しているのですが、必要環境のメモリは4GB以上、推奨環境のメモリは8GB以上となっています。

トレーディングツールの動作環境としては、楽天証券のこのメモリ容量は適切というか実際の使用を考えた上での数値を示してくれていると思います。

他の証券会社のトレーディングツールでは「1GB以上」などと堂々と表示しているところもありますからね。

さて推奨環境で8GB以上のメモリが必要となっていますが、私のデイトレPCのメモリ容量は8GBです。

※私の各自作パソコンのスペックは「自作パソコンスペック情報」をご覧ください。(デイトレPCのモニタはまだ情報を更新していません)

とりあえず推奨環境のメモリ容量はクリアしていますが、6画面マルチモニターとなったタイミングでの動作不良ですので、4画面までは8GBで対応できていたけれど、6画面になって容量不足となってしまったのではないか?

こういう時はデイトレパソコンを製作販売している会社の情報を見るのが、問題解決への一番の近道だと考えて検索してみると、「マルチモニター対応のデイトレパソコンはここ!」というマルチモニター・デイトレパソコンのエーチャージさんのサイトに答えがありました。

エーチャージさんのサイトの「デイトレPC情報」に「デイトレパソコン 4画面対応モデルの選び方」という記事があります。

この中にメモリについての書かれている部分があり、そこには・・・

メモリーについては、マルチモニターの場合は「モニター1画面=メモリー2GB」なので、4画面だと最低限8GBは必要です。

デイトレパソコンのメモリー

そのため、一番安いエントリーのみ8GBで、スタンダードとプレミアムの高性能モデルは16GBで少し余裕があります。

「モニター1画面=メモリー2GB」ということは「モニター6画面=メモリー12GB」

私のデイトレPCのメモリは8GBですから足りませんね。

他にもパソコン工房さんの「kabuパソ」を調べてみました。

パソコン工房さんのkabuパソには1画面の「Lite」から8画面の「kabuパソ8」まで使用するモニター数に応じて豊富な機種が用意されています。

このパソコン工房さんのkabuパソの各機種のメモリ容量に注目してみると、6画面のkabuパソは16GBのメモリ容量になっています。

さて、それでは実際に私のデイトレPCはメモリをどれだけ消費しているのでしょう?

それは「Windows システムツール」で確かめることが出来ます。

Windows システムツールのタスクマネージャーを開き、パフォーマンスを選択。

するとCPUに続きメモリの使用量が表示されています。

ブラウザを立ち上げた状態の私のデイトレPCのメモリ使用量は5.5GBと表示されています。

ここでトレーディングツール「マーケットスピード II」を起動させてみると・・・

全てが表示されるまでに6GBを超えるくらいまで使用量が増えました。

PCを起動した直後にトレーディングツールを起動した場合ならさらに他のプログラム等が動いているでしょうから、やはり不具合の原因はメモリ不足と断定していいでしょう。

ということで、解決への答えは「16GB(8GB×2枚)のメモリを購入する」ということだとはわかりました。

それが解決への近道です。

ですが、私の場合使用している自作パソコンのスペックアップや今後作る予定のスペック等も一緒に考えてしまうわけで・・・

今後作る予定のPCはサイト更新用のPCを作る予定でいます。

サイト更新用のPCには6画面ものモニターは必要ありません。

ということは現在のデイトレPCの8GBのメモリを使うことが出来そうです。

さらに、ほとんどのパーツをカラーがホワイトのパーツを使用するホワイトPCを作る計画もあります。

今一番気になっているのはThermaltakeのPCケース「The Tower 100 Snow Edition」です。(すでにyodobashi.com等で予約受付中)

もしもこのPCケースを使うのであれば、これはゲーミングPCに使いたい。

ということは次期ゲーミングPCのメモリも本体がホワイトかあるいはヒートスプレッダーがホワイト、LEDでホワイトに発色してもいいかなと・・・

ということは現在のゲーミングPCのメモリは交換することになるわけで・・・

その現在のゲーミングPCのメモリ容量は16GB。

あっ!デイトレPCに必要な16GBのメモリがここにありました。

ということは、私はゲーミングPC用のホワイトのメモリを購入するのが正解なのかな?

容量は16?それとも32?どうしよう・・・?

というのが今の状況です。

思えば現在のゲーミングPCを作るきっかけは「デス・ストランディング」が動くPCを作るというのがスタートでした。

各パソコンショップで販売されていたデス・ストランディング用のPCのメモリ容量が16GBだったというのも、ゲーミングPCのメモリ容量を16GBにした理由の1つだったような・・・

ゲーミングPCで6画面マルチモニターを使うことはないでしょうから、容量は16GBでいいのかな?

ん~

ではホワイトの16GB(8GB×2枚)のメモリを購入するということでいいですね?

本当にいいんですね?(誰に訊いてるの?)

ではさっそくホワイトのメモリを探してみます。そしてたぶん近日中に購入してしまうんでしょうね。

あっ!メモリを急いでいるのはデイトレPCだった・・・

では、とりあえずゲーミングPCからメモリを抜いて、デイトレPCに挿しちゃいましょうか?(どうしましょう!)

また何か進展しましたらご報告いたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です