ふと思った6画面マルチモニターの設置方法の話

デイトレPCのマルチモニター、モニターアーム2本を使った4画面から5画面へは簡単。

4画面出力のグラフィックボードにマザーボードからの出力をプラスして5画面。

増やしたモニターもとりあえず普通においておけばOK!(5画面構成となった実際の画像はデスク上の汚さからここには掲載しません。どうしても見たい方は過去の画像を探してご覧ください。)

今回は5画面から6画面ということで、モニターの設置場所の関係からそのまま置くスペースがないのでモニターアームを追加します。

ということで、本日到着しました。

現在使用中の2本と同じグリーンハウスのモニターアームを購入。

グリーンハウス ロングポールタイプ 縦並び2アーム 32インチ対応 耐荷重各8kg(合計16kg) GH-AMDA2V

縦並びで2台のモニターが設置できるタイプです。

このモニターアームを使えば6台のモニターが綺麗に並ぶのですが・・・

モニターの機種はバラバラ、モニターのサイズもバラバラ。

理想はベゼルレスの同じ機種のモニターが6台並んでいたらカッコいいですよね。

でも現実的には予算の問題で無理です。(まぁそれでもやっと6画面マルチモニターの環境を手に入れるまでこれたのだから良しとしましょう)

さて、ここでさらに現実的なことを考えてみると・・・

目の前に6台のモニターが並んでいるのはとてもいい感じになるでしょう。

ですが、実際の設置とそれを使用することを考えると「このまま普通に縦2横3で並べて良いのか?」と思ってしまったのです。

まぁ過去のことを思い出せば、横並びの3画面の時もそうだし縦2横2の4画面にした時も、一度に見れる情報量は増えたけれど実際に目で見る範囲が増えたので、慣れるまでは若干の違和感がありました。

だらか6画面マルチモニターにしても同じで、慣れてしまえば問題はないだろうと思います。

しかし、現実的なデスク上のスペースを考えると、ちょっと横幅が広すぎかなと・・・

で、「モニターを縦にしちゃったらどうよ?」と思ってやってみたのがこちら。

モニターの縦表示の設定はWindowsの設定>システム>ディスプレイの「画面の向き」で「横・縦・横(反対向き)・縦(反対向き)」から変更できます。

インテル グラフィック・コマンド・センターですと・・・

こんな感じで右側のモニター2台が縦表示になっています。

※インテル グラフィック・コマンド・センターの場合「縦」ではなく「ポートレート」となっています。

これはこれで画面の上部が高すぎて、通常の座っている位置からだと上の方を見る時の首の角度が・・・

これも慣れの問題で使っているとそのうち慣れるのか・・・?(いや、これは許容範囲オーバーな気が・・・)

さらに問題なのはモニターの表示(いわゆる視野角の問題)

一番それが顕著なのはBenQのZOWIE RL2460Sで、正面からはもちろん問題なし。

しかし左側(通常の画面下側)から見ると・・・

画像ではちょっと分かりづらいですが、画面右側(通常では画面上部)が暗く見えて、さらに文字もボケてしまいます。

近づくと左側の暗さがより分かりやすいと思います。

これはディスプレイの性能というか仕様によるもので、意外と優秀なのはI-O DATAのEX-LDH241DB

※画面の縞々はiPhoneで撮影した際のもので肉眼では縞々は見えません。

横から見ても暗くなる部分はありません。

近づいて見ても文字がハッキリしています。

まぁ視野角の問題は、BenQのZOWIE RL2460Sを下段の正面に設置すれば解決できるとは思うのですが、やはり縦に並んだ上のモニターの上部は位置が高すぎて、慣れるにしても限界があるかなと・・・

ということで、試してはみましたがやはり通常の縦2横3の6画面配置にすることにしました。

実際の各モニターの配置ですが、ZOWIE RL2460Sは下からの視野角に余裕がないことがわかりましたから、下段の左右どちらかに配置。

今のところ、一番文字がはっきり見えると感じているI-O DATAのEX-LDH241DBを下段中央に設置することにします。

JAPANNEXTのJN-V238FHDは左右のベゼルが狭くて他のモニターよりも横幅が狭いですし、6台目として増やそうとしている古いBenQのモニター(E2220HD)は21.5インチで他のモニターよりも小さいので、この2つのモニターは縦並びに配置することにします。

この若干小さい2台を右側にするか左側にするかでほぼ配置は決定かな?

デイトレPC本体をモニターの右側に置いているので、モニターの右端がさらに右になるとデイトレPCの位置も大きく動かさなくてはなりません。(出来るだけ現状の位置を変えたくない。どうしてか? → 面倒くさいから)

小さいモニターを右側に配置したほうがモニターの中心位置が左にずれる距離を少なく出来るので、小さい2台のモニターは右側のモニターアームに固定することにします。

必然的にZOWIE RL2460Sは左下段。中央上段はI-O DATAのEX-LDGC251TB、左上段はBenQのGL2460BHという配置にします。

ここまで決めておいてなんですが、実際に設置するとなるとやっぱり横幅が問題になりそうですよね。

ここからはリアルなデスクの幅と部屋の空間の余裕という話です。(あとはどれだけ私が「面倒くさい」と思わずに作業できるかという問題も・・・)

それでは作業を開始します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です