iPhone 7 Plusのワイヤレス充電化 充電編

ということで、さっそくワイヤレス充電化が完了したiPhone 7 Plusを充電したいと思います。

使用するワイヤレス充電器はこちら → NANAMI ワイヤレス急速充電器 Qi認証済み iPhone 12/12 Pro/SE (第2世代) /11 / 11 Pro / Xs / XR / Xs Max / X / 8 / 8 Plus、Galaxy S20 /S10 /S10+ /S9 /S9+ /S8 /S8+ / Note 10 / Note 9 / S7 / S7 Edge Sony Xperia 1 Ⅱ/XZ3 他Qi対応機種 Quick Charge 2.0/3.0 qi 充電器 置くだけ充電 2コイル 15W/10W/7.5Wワイヤレスチャージャー 銀

ワイヤレス充電化したTrip WiFiの充電では、コイル位置の問題から充電時の置き方に制限が出てしまいましたが、今回のワイヤレス充電化されたiPhone 7 Plusではどうでしょうか?

ではワイヤレス充電を試してみたいと思います。

通電状態を示す充電器本体下部のブルーに光るLED。

これがグリーンに変わったらワイヤレス充電は成功です。

では、ワイヤレス充電化したiPhone 7 Plusを載せます。

ご覧のように無事にグリーンへと変わりました。

コイル位置による相性問題も発生しません。

iPhone 7 Plusを逆さまにしても充電も試してみました。

逆さまでも問題なし。

これでiPhone SE(第二世代)、Trip WiFi端末の2台に続き、iPhone 7 Plusもワイヤレス充電の仲間入りです。

2台のiPhoneはこのNANAMIのワイヤレス充電器に立て掛ける形で充電したほうがスマートですね。

ワイヤレス充電化したTrip WiFi端末はコイル位置の関係で横向きに置くことになるので・・・

ということで、次はこのホワイトのケースに入ったワイヤレス充電化したTrip WiFi端末のために購入したAnkerのワイヤレス充電器を試しますが・・・

Anker PowerWave 10 Pad(改善版) ワイヤレス充電器 Qi認証 iPhone 12 / 12 Pro Galaxy AirPods 各種対応 最大10W出力 (ホワイト)

結論を先にいいますと、見た目はバッチリ、でも性能をフルに発揮するためには別な問題が発覚!

そうです、アレです。

ということで、次回はAnkerのワイヤレス充電器の話に移りたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です