iPhone 7 Plusのワイヤレス充電化 取り付け編

ということで、さっそくiPhone 7 Plusにワイヤレスレシーバーシートを取り付けます。

使用するワイヤレスレシーバーシートはこちら → Nillkin スマホ対応ワイヤレスレシーバーシート アダプタ 置くだけで Qi(チー) 規格 iPhone 端子対応 (for iPhone 7 Plus/6 Plus/6S Plus)

作業手順はTrip WiFi端末のワイヤレス充電化の時とまったく一緒です。

まずはiPhone 7 PlusにワイヤレスレシーバーシートのLightning端子を差し込みます。

通常の充電ケーブルを使っての充電も利用したいという人は、あえて両面テープで接着しないというのもありですが、頻繁な抜き差しは不具合の原因となる可能性もありますのでご注意を

両面テープの剥離紙を剥がして接着します。

端子から伸びるケーブルをiPhone本体にピッタリ密着させながらワイヤレスレシーバーシートを固定します。

ワイヤレス充電化はこれでほぼ完成。

でもケース無しで使用していたら剥がれちゃうでしょうね。

ではケースにセットします。

ワイヤレスレシーバーシートの厚みには問題なく、ピッタリとケースを取り付けることが出来ました。

Lightning端子部分も問題なし。ケースのデザインによってはケーブルに無理がかかる場合もあるかも?

iPhone本体のブラックとワイヤレスレシーバーシートのブラック、意外と違和感なく出来上がりました。

手で持つとわずかにワイヤレスレシーバーシートの膨らみを感じますが、横から見てもまったくわかりません。

ということで、これでiPhone 7 Plusのワイヤレス充電化も完了しました。

次は実際にワイヤレス充電を試してみたいと思います。

Trip WiFiのワイヤレス充電化の時のようなワイヤレス充電器との相性問題はどうなのでしょう?

続きは「充電編」で。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です