iPhone 7 Plusのワイヤレス充電化 準備編

Trip WiFi端末のワイヤレス充電化は完了。これでワイヤレス充電出来るモバイル機器はiPhone SE(第二世代)に続き2台目に。

さてとりあえずワイヤレス充電は出来るようになったのですが、いってみれば相性の問題というのでしょうか、我が家に1台あるワイヤレス充電器でワイヤレス充電化したTrip WiFiを充電しようとすると、普通の置き方では充電できません。( → TripWiFiのQi(ワイヤレス給電)化成功の秘密

我が家のワイヤレス充電器はこれ → NANAMI ワイヤレス急速充電器 Qi認証済み iPhone 12/12 Pro/SE (第2世代) /11 / 11 Pro / Xs / XR / Xs Max / X / 8 / 8 Plus、Galaxy S20 /S10 /S10+ /S9 /S9+ /S8 /S8+ / Note 10 / Note 9 / S7 / S7 Edge Sony Xperia 1 Ⅱ/XZ3 他Qi対応機種 Quick Charge 2.0/3.0 qi 充電器 置くだけ充電 2コイル 15W/10W/7.5Wワイヤレスチャージャー 銀

今さらですがTrip WiFi用に使っている代用のケースのカラーがホワイトだったので、ワイヤレス充電器もホワイトにすれば良かった・・・ (ホワイトもあったんです → 【USB充電器セット】NANAMI ワイヤレス充電器

しかもこれだとQC3.0のACアダプターもセットだったのに・・・(この話はまた後ほど・・・)

充電に関する解決方法は見つけたのですが、いろんなことをもう少しなんとかしたい・・・

まずはもう一台のiPhone(iPhone 7 Plus)のワイヤレス充電化、そしてTrip WiFiのワイヤレス充電器との相性問題とすっきりしない本体カラーの問題。

これらを解決するために購入したのがこちらの2点。

まずはiPhone 7 Plusのワイヤレス充電化に必要なワイヤレスレシーバーシート

Nillkin スマホ対応ワイヤレスレシーバーシート アダプタ 置くだけで Qi(チー) 規格 iPhone 端子対応 (for iPhone 7 Plus/6 Plus/6S Plus)

そして置き方に関する相性問題が無いワイヤレス充電器(もちろんカラーはホワイト)

Anker PowerWave 10 Pad(改善版) ワイヤレス充電器 Qi認証 iPhone 12 / 12 Pro Galaxy AirPods 各種対応 最大10W出力 (ホワイト)

すでに商品は到着。

注文した翌日には届いちゃう。アマゾンさん最高です。

まずはiPhone 7 Plusのワイヤレス充電化からということで・・・

Nillkinのスマホ対応ワイヤレスレシーバーシート。商品名はMAGIC TAGS(Wireless Charging Receiver)。

アマゾンの商品ページを見ると用途に合わせて6タイプ用意されています。

  • Android正面タイプ
  • B タイプ(micro反面)
  • Type-C対応
  • Type-C対応(短タイプ)
  • Cタイプ(iPhone短タイプ)
  • Dタイプ(iPhone長タイプ)

今回選んだのは6番目のDタイプ(iPhone長タイプ)です。

「for iPhone 7 Plus/6 Plus/6S Plus」と表示されています。

パッケージはこんな感じで、製品本体が入っているだけです。

Trip WiFi端末のワイヤレス充電化で使用した「Qi(チー)規格Type-C 1300mA高速ワイヤレス充電トランスミッタレシーバ」と構造は基本的に変わりません。

大きな違いは接続端子。Trip WiFi端末はType-CでしたがiPhone 7 PlusはもちろんLightning(ライトニング)です。

両面テープで接着・固定するのも同じです。

これを選ぶ時に一番気にしていたのは厚みです。

Trip WiFi端末は使用するケースに余裕があったのですが、iPhone 7 Plusははめ込み式のケース(しかも長期間の使用により劣化していて割れる可能性も・・・)ですので、厚みがあり過ぎると取り付けられないということも考えられました。

結論から言いますと、まったく問題なし。Trip WiFi端末に使用した製品よりもこのNillkinのMAGIC TAGSは厚みが薄いです。

ということで、さっそくiPhone 7 Plusにワイヤレスレシーバーシートを取り付けます。

続きは「取り付け編」で。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です